読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遠距離恋愛

 

遠距離恋愛を経験する人はきっと少ない。

 

でもしてる人からすると、周りを見て

こんなにも同じ境遇の人がいるんだ!って

力になることがたくさんある。

わたしもそのひとり。

意外といるんだなぁ、遠距離恋愛。って。

 

遠距離恋愛なんて自分には無縁だと

出来ない有り得ないと思ってました。

でもクマさんが経験させてくれています。

もうすぐ終了だけど(笑)

いつもいつも"距離"に邪魔をされて

会いたいときに会えなくて

会えても移動時間を考えて早め解散とか

とにかくいつもネックは"距離"。

自分の予定と相手の予定を確認して

この週もこの週も会えない、なんて

泣いたこともたくさん。

いつまでこんな辛いのが続くんだろって

ふと不安になることもいっぱいあった。

クマさんのことは大好きなのに

いろんな不安に潰されそうになって

こんな苦しいならもうやだ、とか

弱音も吐いたし電話越しに泣いたりもした。

とにかく涙腺緩くてよく泣くから

うっとうしいとか思ってたかもだけど

いつも話聞いてくれて

次いつにしようねって予定考えてくれて

その優しさでここまでこれたと思う。

きっとこんなにいい人じゃなかったら

好きよりも辛いが大きくて

続けられなかったかもしれない。

遠距離恋愛の辛さよりももっと大前提に

クマさんが好きで大事で手離したくなくて

幸せにしたいって思いがあったから

がんばれたのかも。

好きなのはみんな同じだけどね。

幸せにしたいって思ったのも

付き合う前、夜勤上がりで眠たいのに

仮眠だけとってまた車飛ばして

わざわざ会いに来てくれて

自分の弱いところ全部話してくれて

大したお構いもできなかったのに

行った甲斐あったよ、ありがとうって

感謝しなきゃいけないのこっちなのに

お礼まで言ってくれて

(まぁこれだけではないんですけど)

この人を幸せにしたい、悲しませたくない

って思うようになったのですよ。

付き合う前だけど、もう好きだったし。

次は1ヶ月後会えるねって話してたけど

会いたいからってそれより前に

今度は新幹線で来てくれて

きちんとお互いの気持ちを伝えあって

じゃあってことでスタート!

ドライブシュート決められた!(爆笑)

あの1日のことは事細かに

とても美化して覚えています…(笑)

忘れられないですね〜〜〜〜。

その日は帰って、眠りにつくまで

ずっとGooglemapを眺めてました。

 

悩みも不安もたくさんすぎて

キャパオーバーしそうになるけど

この人でよかったって会うたび思うし

この人しか居ないと思ってます。

中々会えない分、電話は沢山したし

毎月手紙も送ってみたし(笑)、

仕事を定時でスパッと終わらせて

1〜2時間だけ一緒にいてみたり

(2日に1回はうちの支店に来るので)

なんとか時間を共有しようと

時間を割いてみたり

がんばったなぁと思うのです。

 

その結果(?)、

年末にプロポーズをしてもらって

先月は挨拶にも来てくれました。

付き合ってる彼を紹介するのは初で

2人して緊張していたけど、

で、どうしたいの?と食い気味な父に

まずは結婚を前提に同棲を、と

きちんと言ってくれました。きゅん。

そんなこんなで同棲間近です。

もう少しで遠距離恋愛終了です!

さみしい気もするけど、

やっぱり嬉しい!!!!!!

昼夜逆転の生活になるから

平日はほぼ顔も合わせないけど

でも帰る家が同じってだけで幸せすぎ。

 

変な詮索や噂をされるのが嫌で

会社でも堂々と言っていたおかげか

話を聞いてくれたり、応援してくれたり、

沢山サポートをしてもらいました。

付き合ってるってことを言ってからは

クマさんの方にもいろんな人が

声をかけてくれてるみたいで

会社のみなさまにプチきゅん。

まぁイジリたいんだろうけど(笑)

 

あとはどこへ行っても恋愛事情聞かれて

遠距離恋愛なんですよ〜って言うと

びっくりするほど話が盛り上がる(笑)

なかなかいないんだろうなぁ、やっぱ。

 

 

いや〜〜たらたら書いたな〜〜

 

どうも振り返ってみて思ったのは、

時間合えば○○〜とかまた今度〜とか

そのうち〜という考えじゃなく、

時間をうまく作り出せることができたら

遠距離恋愛って自分の時間もあるし

うまく乗り切れるような気がした!

多分そうやって乗り切って来たから。多分

 

でもやっぱりはやく

遠距離恋愛終了宣言だしたいわ〜